名古屋で探す矯正歯科ガイド » 矯正方法で探す!名古屋のワイヤー矯正ガイド » クリアブラケット

クリアブラケット

透明感のあるクリアブラケットは、「金属製の矯正装置は目立つので困る」という方にピッタリの装置。そんなクリアブラケットの種類と名古屋における費用の目安、メリット・デメリットについて解説しています。

クリアブラケットの種類

クリアブラケットとは、透明のプラスチック・白いセラミックなどを使った審美性の高い矯正装置です。歯の表面につける装置(ブラケット)が金属ではないため、矯正治療をしていることが分かりにくいのが特徴。白色のホワイトワイヤーを使用することで、より目立ちにくくなります。

ニュージルコニア

ブラケットの中で随一の透明感を誇り、強度が高いのが特徴です。従来のブラケットは取り除く際にガラスのようにバラバラになることがありましたが、その可能性が低くなっています。

ホワイトセラミック

セラミックタイプトプラスチックタイプがあります。真っ白な雪の様なブラケットで、装着しても目立ちません。

クリスタルプラスチック

プラスチックブラケットの改良版です。従来品よりも透明感と光沢感があり、色素沈着が少ないのが特徴。歯を美しく見せることができます。

サファイアブラケット

透明感があり強度の高いブラケットです。ホワイトワイヤーを使用すればかなり目立ちにくくなります。金属アレルギーが心配な方でも使用することが可能です。

名古屋のクリアブラケットの価格相場

名古屋の歯科クリニックのクリアブラケット相場は50~70万円程です。金属製のブラケットとより10万円程度高い傾向にあります。クリアブラケットの種類と費用を見てみましょう。

金属ブラケットは比較的安くなりますが、審美性には欠けます。見た目も良くするなら、クリアブラケットを利用した矯正治療を受けた方が良いでしょう。

クリアブラケットが対応できる歯並びの悩み

クリアブラケットのメリット・デメリット

クリアブラケットは、日本人の歯の大きさに合わせて作られた透明な矯正装置です。クリアブラケットが出てくる前は、矯正に使われる装置はメタルブラケットと呼ばれる金属製のものが主流でした。しかし、メタルブラケットは見栄えがあまりよくないのが難点。大きく口を開けて笑うといった表現をすることができず、精神的にきついという人も少なくなかったのです。クリアブラケットを選択することにより、口元を気にすることなく過ごせるという人も増えてきました。

こちらの項目ではクリアブラケットのメリット・デメリットについて、お伝えします。

クリアブラケットのメリット

矯正装置が目立ちにくい

歯の表面に装着するため装置そのものは見えますが、ブラケットが透明または歯の色に近いため目立ちにくいのがメリット。周りの視線が気になるという方でも、抵抗なく矯正治療を進めることができます。

歯並びに関するほとんどの症状を治療できる

仕組み的には金属製のブラケットと同じであるため、ほぼすべての歯列矯正に対応。歯を動かす力が強く、高い矯正効果が期待できます。

金属アレルギーでも使用できる

金属を使用していないため、金属アレルギーの症状が出にくくなっています。アレルギーで矯正治療ができなかったという方でも、問題なく治療に取り組めます。

クリアブラケットをつけた人の口コミ

痛みをあまり感じません

歯並びの悪さがコンプレックスで思い切って歯科矯正しました。矯正治療は目立つイメージがありましたが、あまり目立たず痛みを感じることもなかったです。治療中は歯の状態について詳しい説明もあり、キレイになるのを夢見て頑張ることができました。

外れやすいと聞いたけど思いのほか大丈夫

奥歯はメタル、前歯は透明なブラケットをつけています。透明のブラケットは外れやすいと注意がありましたが、今のところ外れてはいません。付けるときに接着剤の独特な匂いがして、大変でしたが乾けば問題ないです。

クリアブラケットのデメリット

メタルブラケットに比べると強度が劣る

使用している材料によっても異なりますが、メタルブラケットに比べると強度・耐久性は多少劣ります。大きく歯を動かすような矯正では、使用できないことも。

費用が高い

メタルブラケットと比較すると、費用は平均して10万円ほど高め。約1ヶ月に1回ほど定期メンテがあるため、その費用も考える必要があります。

取り外しができないためメンテナンスが大変

歯の表面に装置を取り付けるため汚れが溜まりやすく、ブラッシングを徹底する必要があります。また、慣れないうちは食事や会話がしづらいことも。

クリアブラケットをつけた人の口コミ

食べ物が詰まる

目立ちにくいのはいいのですが、やはり食べ物が矯正装置に挟まるのがストレスですね。対策も食後すぐに歯を磨くとか、爪楊枝を使ってシーシーするとかぐらいだと思います。硬い物を食べると痛むので、スープとか豆腐とか柔らかいものを食べることが多くなりました。

歯に隙間ができてしまった

装置を段階的に装着しているので、装置の付いていない下の歯に隙間ができてしまいました。次の調整のときに全部の歯に装置がつくといいのですが…。装置をつけている歯はぎちぎちでフロスも入らないほどです。装置が完全につくまでは、自宅でも手入れが大変かもしれません。

名古屋の
目立たない・見えない矯正方法別おすすめクリニック

プルチーノ歯科矯正歯科

方法インビザライン
目立たなさ
通院頻度2回/6か月
治療費65万円~
治療期間6か月~
痛みなし
プルチーノ歯科・矯正歯科の公式サイト

インビザライン矯正なら!
プルチーノ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

名古屋矯正歯科診療所

方法裏側矯正
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費100万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
名古屋矯正歯科診療所の公式サイト

裏側矯正なら!
名古屋矯正歯科診療所

電話で治療法について問い合わせてみる

エスカ歯科・矯正歯科

方法審美ブラケット
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費50万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
エスカ歯科・矯正歯科の公式サイト

審美ブラケットなら!
エスカ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

歯並びが気になる女子必見!目立たない・見えない 名古屋の矯正歯科3選