名古屋で探す矯正歯科ガイド » 歯並びのお悩みから探す!名古屋の矯正方法ガイド » すきっ歯

すきっ歯

全体の歯並びに問題はないのに、前歯に隙間ができてしまっている「すきっ歯」。このすきっ歯を治療する方法と費用の目安、原因などの情報をまとめました。

すきっ歯を矯正する種類

すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間ができている状態。医学的には、正中離開(せいちゅうりかい)・歯間離開歯(しかんりかいし)・空隙歯列(くうげきしれつ)と呼ばれる不正咬合の一種です。

すきっ歯の治療には、ワイヤー矯正やマウスピース矯正を用いるのが一般的。症状によっては歯の表面を薄く削ってセラミックを貼りつけるラミネートべニア、コンポジットレジンで隙間を埋めるダイレクトボンディングも適用されます。

名古屋のすきっ歯を矯正する価格相場

ダイレクトボンディング

2~5万円

虫歯の治療跡や、前歯の隙間、欠けた歯をキレイ整えたい時に使われる治療方法です。型取りは不要で、気になる部分にペースト状のセラミックを被せて治療を行います。セラミックを歯に被せることで見た目が美しい歯を形成できるのがポイントです。

セラミックは変色しないため、歯垢がつきにくくきれいな歯を保つことができます。金属ではないため金属アレルギーの心配もありません。

ただ、歯を削って整えたうえで適切な量のセラミックを被せるため、1本あたりの費用が高額になるケースがほとんど。本来の歯と比べると割れやすい点も注意しておきましょう。

ラミネートべニア

1本5~10万円程度

前歯の表面を薄く削り、セラミック・ジェル(セラミックの薄い板)を歯に張り付ける治療方法です。治療したい歯の間が3mm以内であれば治療可能とのこと。歯の形や大きさを変えることで、前歯の隙間をなくすことができます。

美しい白色の歯に仕上がるため、歯の変色が気になる方やすきっ歯の方から支持されている施術方法です。強固な接着剤を使って張り付けるため、剥がれ落ちることはほとんどありません。

ただ、セラミックジェル自体薄い板のようなものなので、耐久性が弱い治療法です。歯を食いしばる、歯ぎしりをする等の癖を持っている方は、欠けたり剥がれたりする可能性があります。

マウスピース矯正(部分矯正)

25万円前後

ワイヤーを使用しない矯正治療法です。一人ひとりに合わせた透明なマウスピースを製作し、2週間ごとに新しいものへ替えて段階的に矯正します。

すきっ歯のような、歯と歯の間のスペースが余っているケースの場合に有効です。透明な材質を使うため、見た目もほとんど変わりません。食事や歯磨き時に取り外すことが可能です。

自分の歯を削ったり抜いたりせずに歯並びを治せるため、多くの人から好まれるマウスピース矯正。1日22時間以上は装着する必要がありますが、痛みが少なく取り外しも出来る負担の少ない治療法です。自分の歯を残しつつ、見た目や機能性にこだわってすきっ歯を改善したいという方に向いているでしょう。

ワイヤー矯正

50~80万円

八重歯やでこぼこ歯、出っ歯といったケースに最も用いられる治療法です。歯の表面に1本ずつブランケットという装置を装着し、ワイヤーを通して歯を動かしていきます。

1ヶ月に1回ワイヤーを交換して、徐々に歯並びを整えていくため、1~3年半ほどの期間が必要です。その間取り外しはできません。

すきっ歯の一部分のみを治したい方は、医師と相談したうえで部分矯正を選択できるか確認したほうが良いでしょう。治療期間や費用面、理想の歯といったさまざまな面で、適切な治療法を選択するようにしてください。

すきっ歯になる原因

すきっ歯になる原因は、先天的要因と後天的要因があります。先天的、つまり生まれつきの原因として挙げられるのは、歯が通常よりも小さい矮小歯(わいしょうし)・永久歯の一部が欠如している欠損歯(けっそんし)など。この場合、歯と歯の間に隙間ができやすくなります。

後天的要因として挙げられるのは、生活習慣・歯周病・加齢など。特に子どもの頃の指しゃぶりや、舌で歯を押すなどの癖があるとすきっ歯になりやすくなります。

すきっ歯を放置するリスク

むし歯・歯周病のリスクが高まる

歯と歯の間に隙間があると、見た目が悪いのはもちろんですが、食べ物のカスなどが詰まりやすくなります。通常のブラッシングだけでは汚れが落としにくいため、細菌が繁殖してむし歯や歯周病になりやすくなったり、歯石がつきやすくなるというリスクもあります。

発音に問題が出ることがある

すきっ歯になると歯と歯の間から息が漏れてしまい、発音に悪影響を与えることがあります。日本語だと、とくに発音しづらいのはサ行とタ行。また、「th」と「s」を使い分けられなくなるなど、英語の発音にも影響が出るとも言われています。

胃腸に負担がかかりやすくなる

すきっ歯は不正咬合の一種。つまり、噛み合わせに問題がある状態です。この状態だと食べ物の咀嚼が難しくなり、消化不良になりやすいのがネック。

胃腸に負担がかかり、腹痛や下痢になりやすくなります。胃腸のコンディションは肌荒れにも影響するので、注意が必要です。

名古屋の
目立たない・見えない矯正方法別おすすめクリニック

プルチーノ歯科矯正歯科

方法インビザライン
目立たなさ
通院頻度2回/6か月
治療費65万円~
治療期間6か月~
痛みなし
プルチーノ歯科・矯正歯科の公式サイト

インビザライン矯正なら!
プルチーノ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

名古屋矯正歯科診療所

方法裏側矯正
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費100万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
名古屋矯正歯科診療所の公式サイト

裏側矯正なら!
名古屋矯正歯科診療所

電話で治療法について問い合わせてみる

エスカ歯科・矯正歯科

方法審美ブラケット
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費50万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
エスカ歯科・矯正歯科の公式サイト

審美ブラケットなら!
エスカ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

歯並びが気になる女子必見!目立たない・見えない 名古屋の矯正歯科3選