名古屋で探す矯正歯科ガイド » 【番外編】親子で探す!名古屋の小児矯正ガイド » 子どもの歯の矯正 » 子どもの拡大装置

子どもの拡大装置

ここでは拡大装置の子どもの歯科矯正のメリットとデメリットについて説明しています。拡大装置とは、お子さんの顎が小さかったり、永久歯が生えるスペースが足りない場合にプレートを口内に入れて少しずつ広げていく矯正方法です。

この拡大装置を使うことで将来お子さんの抜歯での矯正をすることなく綺麗な歯並びになる可能性があります。以下では拡大装置による子どもの歯科矯正のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。

拡大装置(拡大床)のメリット・デメリット

拡大装置による歯科矯正は永久歯が生えてくるスペースがない場合に、顎を広げて綺麗に歯が並ぶようにする矯正方法です。拡大装置は取り外しが可能な矯正装置で、毎日しっかり装着すると将来抜歯することなく矯正が完了する可能性があります。

また痛みがでた場合は自分で取り外すことができます。一方で、自分で取り外しができるためストレスを感じた場合はお子さんが勝手に外してしまうことも。お子さんによっては他の矯正装置と併用しながらの矯正になる可能性もあります。

メリット

将来抜歯をせずに矯正を行える可能性がある

拡大装置はプレートに金具がついた矯正装置です。週に1度ほど金具についているネジを回していきプレートを広げることで顎の大きさを調整していきます。この拡大装置を毎日装着することで、抜歯をせずに歯列矯正が完了する場合もあります。

歯列矯正のための抜歯は、綺麗な歯並びのために健康な歯を抜いてしまうので、お子さんにとっては負担になることも。拡大装置を使って成長とともに徐々に顎の大きさを広げていくことによって、将来は抜歯をすることなく綺麗な歯並びにできる可能性が大幅に上がります。

取り外しができる

拡大装置は自分で取り外すことができます。そのため、食事中や歯磨きを行うときは矯正装置を外し、食事を思いきり楽しむことができます。

固定式の矯正装置は自分では取り外すことができないため、食べるものに常に気を使ったり歯磨きに時間がかかるなど本人にとっては大きな負担となります。拡大床であれば、食事中や人前に出るときなどは取り外すことができるため日常生活での負担を軽減することができます。

矯正による虫歯のリスクが低い

拡大装置での矯正は、歯磨きを行うときも楽に歯磨きをすることができます。固定式の矯正装置は日常生活や毎日の食事で汚れが溜まりやすくなってしまいます。汚れが溜まるとそこから菌が繁殖し、虫歯のリスクが上がってしまいます。

固定式の矯正装置を付けている場合は虫歯にならないように器具の周辺も念入りに歯磨きを行わなければならず、本人にとっては毎日の歯磨きが負担になることも。その点、取り外しができる拡大装置では汚れがついてもすぐに洗うことができ、楽に歯磨きをすることができます。

デメリット

本人の意思に左右されやすい

取り外し可能な矯正装置は、お子さんの意思に左右される可能性があります。口の中にプレートを入れるため、最初はどうしても違和感を感じてしまいます。

違和感は最初のうちだけで、徐々に慣れていくことが多いのですが、痛みを感じたり喋りにくかったりすると口に入れるのを嫌がってしまい、継続的に矯正を行うのが難しくなる可能性があります。

壊れやすい

拡大装置は基本的にプラスチックと金具のワイヤーでできてるため、落としたりすると壊れやすいというデメリットがあります。口の中にある装置が気になって舌で強く押したり触ったりすると歪んでしまうことも。

また拡大床は、お子さんが食事を行うときに自分で取ることができますので、知らないうちになくしたり落として壊してしまう可能性があります。拡大装置には専用のケースがついていることがほとんどなので、食事で取り外した場合はきちんとケースに入れて保管しておくことが大事です。

成長の段階で戻ってしまうことも

拡大装置は主に顎の小さいお子さんに適用される矯正装置です。顎の大きさは遺伝のほか、本人の咬み合わせや舌の位置、筋肉の使い方の癖も原因となります。拡大床で徐々に顎のスペースを広げても、お子さんの口回りの癖がそのままになっていると、矯正装置を外したあとに戻ってしまう可能性もあります。

個人差はありますが、拡大装置で矯正を行う場合は、矯正装置とともにお子さんの普段の口回りのトレーニングを一緒に行うように医師から提案されることもあります。

拡大床は保険適用外

拡大装置は保険適用外となり、健康保険を使うことができません。これは拡大床だけではなく、他の歯科矯正についても同様自費治療となります。ただし、医師による診断で顎変形症と診断されるなど、国が定める症例に当てはまる場合は保険適用となるケースも。保険適用外でも、デンタルローンを利用するという方法もあります。

また、治療費が10万円以上かかった場合は医療費控除の対象となるので、確定申告時に申請することが可能です。お子さんの歯科矯正を検討している方はまず医師に相談してみることをおすすめします。

名古屋の
目立たない・見えない矯正方法別おすすめクリニック

プルチーノ歯科矯正歯科

方法インビザライン
目立たなさ
通院頻度2回/6か月
治療費65万円~
治療期間6か月~
痛みなし
プルチーノ歯科・矯正歯科の公式サイト

インビザライン矯正なら!
プルチーノ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

名古屋矯正歯科診療所

方法裏側矯正
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費100万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
名古屋矯正歯科診療所の公式サイト

裏側矯正なら!
名古屋矯正歯科診療所

電話で治療法について問い合わせてみる

エスカ歯科・矯正歯科

方法審美ブラケット
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費50万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
エスカ歯科・矯正歯科の公式サイト

審美ブラケットなら!
エスカ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

歯並びが気になる女子必見!目立たない・見えない 名古屋の矯正歯科3選