名古屋で探す矯正歯科ガイド » 矯正方法で探す!名古屋のマウスピース矯正ガイド » 八重歯

八重歯

チャームポイントと思われがちな八重歯ですが、医学的に見るとあまり良い状態とは言えません。そんな八重歯を名古屋で治療するには、どのような方法があるのでしょうか?以下にまとめてみました。

八重歯を矯正する種類

もっとも八重歯になりやすい歯は犬歯。外側へ出てしまった八重歯は、歯にブラケット装置をつけてワイヤーで引っ張るワイヤー矯正で治療することができます。

その他、症状にもよりますが透明なマウスピースを装着して歯を動かすマウスピース矯正、歯を削って移動スペースを作ったりかぶせ物をしたりする部分矯正・セラミック矯正などでも対応が可能です。

名古屋の八重歯を矯正する価格相場

ワイヤー矯正

50~80万円

ワイヤー矯正は、八重歯やでこぼこ歯、出っ歯といった幅広いケースに対応できる治療法です。1本づつ歯の表面にブランケットと呼ばれる装置を装着。ブランケットの中にワイヤーを通すことで矯正力を高めて、歯を移動させる方法です。

1ヶ月に1度ワイヤーを交換して、徐々に歯並びを矯正していきます。2年ほどで治療は完了するそうです。八重歯の場合、歯が重なり合って飛び出している方が多く、抜歯が必要になる可能性も。前歯から4~5番目当たりの歯を抜いて、飛び出ている歯を抜いた箇所に埋め込む治療が一般的です。

埋め込んだ後にワイヤーで矯正することで徐々に歯を整えていくため、全体の治療期間が長くなってしまうことが多いそうです。

裏側矯正

80~120万

歯の裏側にブランケットとワイヤーを装着し、内側から矯正していく治療方法です。従来の矯正と違うのは歯の裏側に矯正器具を設置するため、外側からは見えないこと。見た目を損なうことなく矯正治療を受けられます。

八重歯の場合は通常のワイヤー矯正と同様、必要に応じて抜歯する必要があるとのこと。抜歯する際、前から4~5番目あたりの歯を抜き、はみ出た部分の歯を入れ込みます。挿入後に固定するため、手術と治療期間を含めると矯正が長期化する可能性もある治療です

マウスピース矯正

60~80万円

八重歯の矯正は抜歯したうえで行うのがベターとされていますが、中にはマウスピース矯正だけでキレイに矯正できるケースもあります。

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースをはめることで形を整える矯正方法です。マウスピースを歯に合わせて、定期的に交換しながら歯を動かします。透明なので外から目立ちにくく、食事や歯磨きの際に自分で取り外すことが可能です。

マウスピース矯正は足場になる場所が多いほうがしっかり固定できるため、抜歯が必要な場合だとうまく機能しないことがあります。マウスピースに向いているのか他の治療法が良いのか、カウンセリングを通して医師に確認してください。

部分矯正

15~25万円前後(ワイヤー矯正)25万円前後(マウスピース矯正)

歯を全て矯正するほどではないが、前歯や少し出っ歯っている部分を1~2本整えたい方向けの治療方法です。部分的な装置のため、歯を全部矯正する全治療と比べて違和感なく日常生活を送れるでしょう。治療期間は短期間。歯の状態によって治療法は異なり、ワイヤーやマウスピースを使った治療法があります。

一部分だけを治したいと希望した場合でも、クリニックでは機能性や噛み合わせなどの確認が必要です。そのため、歯並びによっては、全体を整える矯正をすすめられるケースもあります。

セラミック矯正

1本につき7~15万円

セラミックの被せ物を使って歯並びを整える矯正のことです。症状の程度によりますが出っ歯やすきっ歯、八重歯などの歯並びを短期間で整えることができます。歯の上部分を小さく削り、上から人口歯を被せるだけで施術は完了。

セラミックは金属を一切使用していない素材ですので、金属アレルギーの方でも受けられるでしょう。使用するセラミックはさまざまな種類があり、選ぶものによって価格も変わってきます。医師と相談したうえで、自分に適したものを選んでください。

八重歯の原因

八重歯とは歯の生えるスペースが十分に確保されていないことで、歯列の外側に押し出されてしまった歯のことを言います。切歯でも臼歯でも起こる症状ですが、とくに八重歯になりやすいのが犬歯です。

八重歯の原因として考えられるのは、アゴが小さすぎる・永久歯が大きすぎるといったケース。歯列に歯がうまく収まりきらず、外側へ押し出されて八重歯となってしまうのです。

八重歯を放置するリスク

むし歯や歯周病になりやすくなる

八重歯があると歯と歯が重なったり複雑に入り組んでいたりするなどで、歯ブラシをあてるのが難しくなります。汚れを十分に落とせないとむし歯や歯周病のリスクが増加するだけでなく、口臭の原因にもなりかねません。

他の歯の負担が大きくなる

犬歯には、他の歯にかかる負担を軽くする役割があります。しかし、犬歯が八重歯の場合はその役割を果たすことができないため、他の歯への負担が増加。負担をかけ続けると歯の寿命が短くなり、最悪の場合抜けてしまうこともあり得るのです。

口内炎や傷を作りやすい

犬歯が歯列からはみ出していると食事をしているときに唇や口腔内を傷つけたり、粘膜を噛みやすくなったりします。その傷から細菌が入り込むと口内炎になったり、歯みがきをしにくくなったりして衛生状態が悪くなる可能性もあります。

名古屋の
目立たない・見えない矯正方法別おすすめクリニック

プルチーノ歯科矯正歯科

方法インビザライン
目立たなさ
通院頻度2回/6か月
治療費65万円~
治療期間6か月~
痛みなし
プルチーノ歯科・矯正歯科の公式サイト

インビザライン矯正なら!
プルチーノ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

名古屋矯正歯科診療所

方法裏側矯正
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費100万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
名古屋矯正歯科診療所の公式サイト

裏側矯正なら!
名古屋矯正歯科診療所

電話で治療法について問い合わせてみる

エスカ歯科・矯正歯科

方法審美ブラケット
目立たなさ
通院頻度9回/18か月
治療費50万円~
治療期間18か月~
痛み気になる
エスカ歯科・矯正歯科の公式サイト

審美ブラケットなら!
エスカ歯科・矯正歯科

電話で治療法について問い合わせてみる

歯並びが気になる女子必見!目立たない・見えない 名古屋の矯正歯科3選